専門医育成サイト がっつり脳外を神奈川で

座談会 明日のチームメイトへ

なぜ脳神経外科に入局を? その決め手は?

米持初期研修のときから脳神経外科への入局を考えていました。脳神経外科の魅力は、なんといっても専門性の高さ。すぐに治療をしなければ命にかかわるような患者さんが多いので、そういう人たちを一人でも多く救える医師になりたい。やる気のある後輩を育てたいという雰囲気が医局全体にあるように感じました。

横田脳神経外科医になりたいと思った理由は、米持先生と似ていますね。脳神経の病気は緊急性が高い上、患者さんのその後の人生に大きく影響する。手術や治療でそういう患者さんを助けたいと思い、入局を決めました。脳神経外科は血管、脊椎・脊髄、腫瘍、外傷、小児、機能など専門が多岐にわたりますが、医局には各専門分野のスペシャリストが揃っています。今はそうした先生方の指導を仰ぎながら、経験を積んでいる段階。恵まれた環境に甘えず、しっかり技術や知識を身につけ、専門を決めていきたい。

須永私は二人とは違って、最初から脳神経外科医を目指していたわけではなかったです。初期研修で各科を回っていたときに、脳神経外科の先生方の仕事に対する姿勢に共感することが多くて、入局を決めました。

榊原初期研修で脳神経外科を回ったときに、重症患者さんに対してあきらめない気持ちで対応している姿がかっこいいなと、入局を決めました。実際に入ってみると救急の現場は正直言ってきつい。でも、治療を終えた患者さんが元気に歩いて退院される姿を見ると、やりがいというか、次も頑張ろうという気持ちになります。

研究は? 留学は? 学会参加は?

佐野医局に在籍しつつ、研究機関で「脳の物性値」について研究しています。臨床医として患者さんを診ながら、興味のある研究もできる。こうした〝ハイブリッド〟が可能なのも、医局の特徴ですね。ちなみに私の研究テーマは「脳はどのくらい熱を伝えるか」です。脳腫瘍の治療法の一つにレーザー治療(LITT)があります。腫瘍近くに差し込んだプローブという器具からレーザーを照射する治療ですが、脳内での熱の伝わり方がよく分かっていないため、今は照射範囲をリアルタイムで確認しながら治療を進めています。脳の熱伝導が明らかになれば事前に治療内容をシミュレーションすることも可能になる。より安全で低侵襲、かつ確実なレーザー治療が実現できると考えています。

本多ここには佐野先生の他に大学院生が2人います。研究に集中できる環境が整っているので、興味のある人には向いている医局かもしれません。また、当科は手術件数が豊富であり、神奈川県西部一帯の医療を担う基幹病院でもあるので、あらゆる疾患が集まってくる。臨床研究のテーマには事欠かないと思います。
留学については、私の代ではハーバード大やカナダ・トロントの小児病院、ヨーロッパ各国の脳神経外科などに行く先生もいましたし、国内留学を選んだ先生もいます。かなり多くの先生方が、国内外で留学をされています。

須永まさに私が行っているのが、患者さんのMRI画像を用いた臨床研究です。他科の先生や他の学部――私の場合は工学部でしたが、その先生方の助言もあって研究を進められる体制を整えることができました。医局内だけでなく、さまざまな部署と連携ができるのも、この医局の特徴でしょうね。

佐野学会への参加については、「夏休みを使って行かなければならない」とか、「発表がなければ行ってはならない」といったことはなく、むしろ「行きたい学会があれば行ってこい!そこでしっかり学べ!」という考え方ですね。

ページの先頭へ