専門医育成サイト がっつり脳外を神奈川で

博士論文の内容

論文を提出して医学博士を取得した者

氏名 所属 身分 指導教員 論文題目
下田 雅美 脳神経外科学 助手 佐藤 修 Time Course CSF Lactate Level in Subarachnoid Haemorrhage -Correlation with Clinical Grading and Prognosis-
田中 佳 脳神経外科学 助手 佐藤 修 Ultrastructual Localization of P-glycoprotein on Capillary Endothelial Cells in Human Gliomas
松澤 和人 脳神経外科学 助手 佐藤 修 Transfection of an Invasive Human Astrocytoma Cell Line with a TIMP-1 cDNA:Modulation of Invasive Potential
小田 真理 脳神経外科学 助手 津金 隆一 Early Aneurysm Surgery and Dehydration Therapy in Patients with Severe Subarachnoid Haemorrhage without ICH
篠田 正樹 脳神経外科学 講師 津金 隆一 IMMUNOLOGICAL ASPECTS OF KAOLIN-INDUCED HYDROCEPHALUS
儘田 佳明 脳神経外科学 助手 津金 隆一 MR cisternography for the visualization of intracistenal fine structures(脳槽内構造物のMRIシステルノグラフィーによる描出)
橋本 義弘 脳神経外科学 助手 津金 隆一 Double density hematoma:急性期脳出血周囲の低吸収域について
富永 二郎 脳神経外科学 助手 津金 隆一 MRimaging Findings after ventricular Puncture in Patients with SAH(くも膜下出血患者における脳室穿刺後のMRI所見)
白水 秀樹 脳神経外科学 助教 松前 光紀 Mechanism of injuries to the corpus callosum, with particular reference to the anatomical relationship between site of predilection of in-jury and adjacent brain structures (脳梁損傷のメカニズム -損傷部位と脳梁周囲の解剖学的構造の関係から-)
石坂 秀夫 脳神経外科学 助教 松前 光紀 RECURRENCE OF HEMORRHAGIC AND ISCHEMIC STROKES AFTER HYPERTENSIVE INTRACEREBRAL HEMORRHAGE -Risk Factor and Outcome-(脳内出血患者の脳出血と脳梗塞の再発について─危険因子と転帰─)
本多 ゆみえ 脳神経外科 講師 松前光紀 慢性硬膜下血腫における転帰不良因子の解析
重松 秀明 脳神経外科学 助教 松前光紀 脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血発症後水頭症に対するシャント術時期の予測
西山 淳 脳神経外科 助教 松前光紀 脳内出血の増大に関し造影前CT画像における低吸収領域の意義に関する研究
青木 吏絵 脳神経外科学 助教 松前光紀 動脈瘤破裂によるSAH患者におけるMRI FLAIR像でのMonro孔直上のCSF pulsation flow signの臨床的意義について

ページの先頭へ