専門医育成サイト がっつり脳外を神奈川で

博士論文の内容

論文を提出して医学博士を取得した者

氏名 学位記番号 学位授与 所属 身分 指導教員 論文題目
下田 雅美 乙第179号 1992. 3.25 脳神経外科学 助手 佐藤 修 Time Course CSF Lactate Level in Subarachnoid Haemorrhage -Correlation with Clinical Grading and Prognosis-
田中 佳 乙第258号 1995. 3.25 脳神経外科学 助手 佐藤 修 Ultrastructual Localization of P-glycoprotein on Capillary Endothelial Cells in Human Gliomas
松澤 和人 乙第282号 1996. 3.25 脳神経外科学 助手 佐藤 修 Transfection of an Invasive Human Astrocytoma Cell Line with a TIMP-1 cDNA:Modulation of Invasive Potential
小田 真理 乙第291号 1996. 9.19 脳神経外科学 助手 津金 隆一 Early Aneurysm Surgery and Dehydration Therapy in Patients with Severe Subarachnoid Haemorrhage without ICH
篠田 正樹 乙第331号 1998.03.24 脳神経外科学 講師 津金 隆一 IMMUNOLOGICAL ASPECTS OF KAOLIN-INDUCED HYDROCEPHALUS
儘田 佳明 乙第338号 1998.03.24 脳神経外科学 助手 津金 隆一 MR cisternography for the visualization of intracistenal fine structures(脳槽内構造物のMRIシステルノグラフィーによる描出)
橋本 義弘 乙第373号 1999.9.25 脳神経外科学 助手 津金 隆一 Double density hematoma:急性期脳出血周囲の低吸収域について
富永 二郎 乙第436号 2002.3.23 脳神経外科学 助手 津金 隆一 MRimaging Findings after ventricular Puncture in Patients with SAH(くも膜下出血患者における脳室穿刺後のMRI所見)
白水 秀樹 乙第615号 2009.3.25 脳神経外科学 助教 松前 光紀 Mechanism of injuries to the corpus callosum, with particular reference to the anatomical relationship between site of predilection of in-jury and adjacent brain structures (脳梁損傷のメカニズム -損傷部位と脳梁周囲の解剖学的構造の関係から-)
石坂 秀夫 乙第681号 2014.3.24 脳神経外科学 助教 松前 光紀 RECURRENCE OF HEMORRHAGIC AND ISCHEMIC STROKES AFTER HYPERTENSIVE INTRACEREBRAL HEMORRHAGE -Risk Factor and Outcome-(脳内出血患者の脳出血と脳梗塞の再発について─危険因子と転帰─)

ページの先頭へ