専門医育成サイト がっつり脳外を神奈川で

研修内容

一流の脳神経外科医を育てる

脳卒中・頭部外傷などの救急医療を基本に、頭蓋底手術、血管内治療、血行再建術定位脳手術など最先端の診療技術を習得させ、一流の脳神経外科医を育てます。

臨床助手1、2年目(卒後3、4年目)

【研修目標】

  1. チーム医療の中隔として、医療を実践する。
  2. 救急患者に対する初期治療と手術適応の判断を行う。
  3. 基本的な手術手技を体得する。
  4. 臨床研修医1・2年目に対し、基本的診療技術を教授する。
診察・技術 救急患者に対する治療計画 救急救命センターに来院した患者に対して、手術計画を含めた治療計画を立案し、チーフレジデントに進言する。
検査 臨床研修医の指導 脳神経外科が行う全ての検査項目を、臨床研修医に対して指導する。またその結果を評価することができる。
処置 臨床研修医の指導 脳神経外科が行う全ての処置を、臨床研修医に対して指導する。
手術 開頭術 一般的な手術における、開頭・閉頭ができる。
外傷性脳内血腫 急性硬膜下・硬膜外・脳内血腫の手術適応を判断し、術者としてインストラクターの指導下に手術を行う。
頭蓋形成術 頭蓋形成術の手術適応を判断し、術者としてインストラクターの指導下に手術を行う。
シャント術 水頭症患者の手術適応を判断し、術者としてインストラクターの指導下に手術を行う。
開頭血腫除去術 高血圧性脳内血腫患者の手術適応を判断し、術者としてインストラクターの指導下に手術を行う。
血管内治療 専門医と共に、血管内治療の助手を務める。
脊髄・脊椎疾患 脊髄・脊椎疾患患者の手術適応を判断し、助手としてインストラクターと共に手術を行う。
機能的脳神経外科 三叉神経痛・顔面痙攣・電極埋込み術などの手術適応を判断し、助手としてインストラクターと共に手術を行う。
小児脳神経外科疾患 小児脳神経外科疾患手術適応を判断し、助手としてインストラクターと共に手術を行う。
研究 研究発表 臨床研究を行い、日本脳神経外科学会総会・関連学会にて発表する。
研究指導 臨床研修医が行う学会発表の指導を行う。
その他 病棟業務 手術解剖実習 入院患者の社会的背景を考慮し、患者に対する適切な退院指導を、医療ソーシャルワーカーや看護職員と共に行う。
献体頭部を用い開頭術に必要な解剖を学び、また手術器具の扱い方など基本手技を習得する。

【開頭手術】

開頭と一口にいっても基本的なものだけで実に20種類以上のたくさんの手術ポジション、皮膚切開、開頭法がありこれらを全てマスターしていただきます。病棟は勿論のこと、メスを握ることも多い手術室などでも主役であり常に充実した毎日をおくります。

臨床助手3年目(卒後5年目)
助手1年目(大学院を終了した者)

【研修目標】

  1. チーム医療のリーダーとして、治療計画をインストラクターと協議し立案する。
  2. 患者・家族にインストラクターと共に責任をもって、治療内容を説明する。
診療
検査
処置
チーム医療の確立 医師・看護職員・医療技師・医事課職員と協力し、チーム医療を確立する。
救急救命センターに来院した、救急患者の治療計画から退院まで、全経過を通じた責任をインストラクターと共に持つ。
脳血管障害の手術 開頭クリッピング術・脳内血腫除去術を、インストラクターに手ほどきをうけながら顕微鏡で行う。
虚血性脳血管障害の手術として、各種の血管吻合術と頸動脈内膜剥離術の一部をインストラクターの指導下に術者として分担する。
脳腫瘍の手術 インストラクターの判断により、脳腫瘍摘出術の一部をインストラクターの指導下に術者として分担する。
機能的脳神経外科手術 インストラクターの判断により、機能的脳神経外科手術の一部をインストラクターの指導下に術者として分担する。
その他 円滑な病棟運営 チーム医療のリーダーとして、病棟師長・病棟医長・ケースワーカーと協力し、円滑な病棟運営を行う。

【顕微鏡下手術】

顕微鏡下での基本的な手術が中心で、これを習熟し、会得することが非常に重要です。頭蓋底手術など脳神経外科で困難とされる手術も、ここでいかにマイクロサージカルテクニックを磨くかがポイントです。これさえあれば、ほとんどの脳神経外科手術は安全にかつ迅速に行えるようになります。

ページの先頭へ