専門医育成サイト がっつり脳外を神奈川で

専門医の養成方針

  1. 初期研修を終了し脳神経外科の専門医専門医養成プログラムに参加する者は、東海大学病院の後期研修プログラムに沿って臨床助手、または東海大学大学院の学生として、全員の身分が保障されます。
  2. 日本脳神経外科学会が定めた脳神経外科専門医養成プログラムに従い、当科の後期研修プログラムでは一流の脳神経外科を育成します。
  3. 研修中は、看護師、薬剤師、放射線技師、臨床検査技師、リハビリテーション技師、栄養士、ソーシャルワーカー、医事課事務職員などのコメディカルスタッフが、専門医養成プログラムをサポートします。
  4. 後期研修1年目では、救命センターに搬入される急性期患者の管理と、基本的な脳神経外科手術手技を習得します。
  5. 後期研修2年目では、定時手術を目的として入院する脳腫瘍の患者などの管理と、開頭術の基本を習得します。
  6. 後期研修3年目では、救命センターに搬入される脳卒中と頭部外傷患者の手術を、専門医の指導下に術者として行います。
  7. 後期研修の3年間が終了すると、東海大学の教員として採用されます。
  8. 東海大学の教員として採用された後、関連病院で専門医試験の受験に必要な関連領域を学びます。
  9. 初期研修2年、後期研修3年、教員として1年、卒後合計6年間の研修を終了した時点で、日本脳神経外科学会が行う専門医試験の受験資格が得られます。
  10. 基礎研究を希望する者は、大学院生として推薦します。大学院生は最初の1年間、救命センターに搬入される急性期患者の管理と、基本的な脳神経外科手術手技を習得し、十分な臨床経験を蓄積します。その後研究テーマに応じて、1年間から最高2年間の範囲で研究期間を与えます。研究期間終了後、救命センターに搬入される脳卒中と頭部外傷患者の手術を、専門医の指導下に術者として行い、大学院終了後に東海大学の教員として採用されます。そして、卒後6年間に得た臨床経験と研究成果を基に、日本脳神経外科学会が行う専門医試験を受験します。

ページの先頭へ