専門医育成サイト がっつり脳外を神奈川で

国内海外留学実績

国内海外留学実績

カロリンスカ研究所 パリ第7大学 網走脳神経外科リハビリテーション病院 日本大学 熊本詫麻台病院 南カルフォルニア大学 モンテフィオーレメディカルセンター デューク大学 ブラウン大学 トロント大学 ハーバード大学 東海大学 岡山大学 いずみの病院

東海大学脳神経外科では、研究推進と新たなる診療技術の獲得を目的として、国内外多くの施設に留学生として教室員を派遣しております。

研究推進を目的とした留学は、大学院生を中心に行われます。

新しい診療技術の習得を目的とした留学は、原則として専門医資格を有する者に1年を限度として許可します。

以下に現在までの実績を示します。

留学国 都市 施設名 留学者氏名 留学期間 研究テーマ 指導教授名
アメリカ モンテフィオーレ モンテフィオーレメディカルセンター 竹井 太 1985 - 1988 水頭症モデルの形態学的検討 K.Shapiro
アメリカ ロードアイランド ブラウン大学 山田 晋也 1988.04 - 1990.03 脳組織間液の循環動態に関する研究 -
アメリカ ボストン ハーバード大学 松前 光紀 1990.09 - 1992.08 MRIを用いた髄液の循環動態に関する研究 Peter McL. Black
アメリカ ボストン ハーバード大学 厚見 秀樹 1995.04 - 1997.03 MRIによる三次元画像表示の研究 Peter McL. Black
アメリカ ボストン ハーバード大学 儘田 佳明 1998.09 - 2000.09 MRI拡散強調画像を用いた大脳白質線維の描出と臨床応用 Ferenc A Jolesz
アメリカ ボストン ハーバード大学 後藤 忠輝 2001.07 - 2003.06 MRIによる頭蓋内圧の測定 Peter McL. Black
アメリカ ロサンジェルス 南カルフォルニア大学 橘高 衛 1994.04 - 1996.03 脳疾患における血液脳関門の役割についての遺伝学的解析 J.G. McComb
アメリカ ロサンジェルス 南カルフォルニア大学 山田 晋也 1999.04 - 2000.03 アルツハイマー病とアミロイドβプロテイン、水頭症 J.G. McComb
アメリカ ロサンジェルス 南カルフォルニア大学 柴田 将良 1999.04 - 2001.03 虚血脳における脳保護作用 J.G. McComb
アメリカ ロサンジェルス 南カルフォルニア大学 山田 晋也 2001.07 - 2001.07 水頭症、脳浮腫、脳腫瘍の血管増殖因子 J.G. McComb
カナダ トロント トロント大学 継 淳 1996.09 - 1998.08 悪性脳腫瘍における細胞周期関連蛋白の研究 J T Rutka
カナダ トロント トロント大学 松澤 和人 1993.01 - 1994.12 悪性グリオーマの浸襲性における遺伝子学的研究 J T Rutka
スエーデン ストックホルム カロリンスカ研究所 篠田 正樹 1993.08 - 1996.03 神経組織の移植、神経栄養因子、中枢神経系の免疫の研究 Lars Olson
フランス パリ パリ第7大学 小田 真理 1997.09 - 1998.08 脳血管内手術治療の技術取得 Jaque Moret
日本 東京 日本大学 厚見 秀樹 2001.04 - 2002.03 定位的脳神経外科手術の技術取得 片山 容一
アメリカ ノースカロライナ デューク大学 石坂 秀夫 2005.04 - 2005.06 頭蓋底手術技術の習得 福島 孝徳
日本 網走 網走脳神経外科リハビリテーション病院 富永 二郎 2005.07 - 2005.09 脳血管手術技術の習得 谷川 緑野
日本 岡山 岡山大学大学院 馬場 胤典 2007.04 - 2009.03 脳梗塞モデルを用いた神経発生の研究 伊達 勲
日本 岡山 岡山大学大学院 佐藤 顕一郎 2011.04 - 2014.03 神経再生の研究 伊達 勲
日本 熊本 熊本託麻台病院 厚見 秀樹
馬場 胤典
2013.03 - 2013.04 脊髄硬膜外電気刺激療法の技術習得 平田 好文
日本 高知 いずみの病院 馬場 胤典 2013.05 - 2013.07 定位脳神経外科手術、脊髄硬膜外電気刺激療法の技術習得 清家 真人
アメリカ ノースカロライナ デューク大学 井上 剛 2014.09 - 2016.08 頭蓋底手術技術の習得 福島 孝徳

ページの先頭へ